こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
百円の恋 という映画に、やられた。

男もなし、仕事もせず、ニートのダメな三十路女が、あるとき恋とボクシングに目覚める話。


主人公「一子」役の安藤サクラ。すばらしい。

身のこなしはとてもスマートとは言えず、もっさりと行動の鈍かった一子が、ボクシングを始め、軽快なステップを踏んでいる姿がなんとも頼もしい。サクセスストーリーによくあるワクワク感、それがとてもナチュラルで、ボクシング始める前のダメさからのギャップが素晴らしい。

ダメな女のダメっぷりが、もんのすごくリアリティある。
動きの鈍さ、姿勢の悪さ、気の使えなさ。
化粧品がなくて試供品使ってたり(ありがち)。

とくにグッときたところは、(ネタバレ?)性描写というか、性的なひどい目に合うわけだけど、それがなんかものすごく腹がたつ具合にリアルなんだ。この野郎、って拳を握りしめて、相手の男にどつきたくなる女の気持ちがどろどろに表現されていて。性的なことが絡むと、他人に相談できなかったり、自分のせいだ、とか思っちゃって永遠にひとりで自分を責めちゃう。悪いのは圧倒的に相手なのに。「自分は可愛くないからそんなこと信じてもらえないかも」とか思ってますます孤立したり。そのぐぐぐと悔しい気持ちをボクシングにぶつける主人公に激しく共感した。
(私は性的な被害にあったことはない。でもブスでも痴漢ぐらいは被害にあいます)



私個人としては、主人公、一子の髪型、パーマと脱色してるけど伸びてきちゃって小汚い感じ、あれが自分の「汚ギャル」と言われた頃にそっくりな気がして。
まあ、身内に「汚ギャル」と言われたわけだけど、あの頃の私は、本当に最低だったと思う。金なし、男なし、学校もやめた。パン屋でバイトして。今より10kg以上太っていた。よく考えたらあのパン屋、途中から商品全部百円均一になったな。

一子は百円均一の店に勤めるわけだけど、地方都市の百円均一の従業員のレベルとか、すんごいうなずける感じで。私はそのパン屋のバイトでは、パートのおばちゃんに面接されて採用されたし。しかもそのおばちゃんがやめたいために募集かけたっていうテキトーな人事。金持って盗む奴が入ってこない可能性もないわけではない。もちろん店にもよるが。そのなんかもったりした低所得者層を取り巻く空気みたいなものが、見事に表現されていた。ホームレスについ優しくしちゃう人もでてくる空気。すれすれなのだよ。

そして、自分に百円の価値しかなくても、いや、ないからこそ、努力するべき部分、伸びしろが他人より残ってるんだよな、とか当たり前のことを思い返しました。
久々に映画で喝を入れられました。

プライムTVスティックでなんとなく見た。今更だけど、いい映画を見られてよかった。

テーマソングの「百八円の恋」も最高です。


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://grownant.blog121.fc2.com/tb.php/692-bd769090

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。