こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMG_9736.jpg



15年ほど前だろうか。

新宿の街を歩くと、たいていキャッチセールスにあった。

「エステが無料です」と言われ、ついていくと、
たしかに無料でエステを受けさせてくれる。
一度の施術でこんなに効果があった、という説明を受ける。

のち。

小部屋に連れて行かれる。

エステの長期契約のためだ。
ねちっこい男性が「契約しよう」と勧めてくる。

金がなかったので、断る事ができたけど、
今考えると、ついていくだけアホである。
気が弱い子なら契約しちゃっていたかも。


他にも美顔クリームを売りつけられそうになったりした事もある。


英会話教室のレッスンチケットをローンで購入して、
入院してしまい、チケットの有効期限が過ぎ、
ローンだけが残った経験もある。

それは自分が悪いんだけど、
今考えると学生のくせにローン組んでまで英会話習うのもバカバカしい。

新宿のキャッチセールスには規制がかかったらしいし、
消費者センターに相談する、という一般常識が国民に浸透した昨今では、
あまり悪質なセールスも聞かなくなった。


今回のPCデポの一件の少し前に、

ある対談イベントで高齢の演者が「ITは詐欺だ」と言っていたのを思い出した。

優良な企業とされる、インターネットプロバイダなんかにしてもそうだ。

先日は携帯会社からいきなり電話があり、
携帯電話と一緒にインターネットプロバイダ契約すれば○○円お得!
とか。

じゃあ、検討するので、パンフレットを送ってください、と言ったら、

「契約が複雑なのでパンフレットはお作りしていません。
口頭で説明しています。
ホームページを見て、分からなければお電話ください」と言われた。

そんなわかりにくい契約、したくないんである。

高齢者は経済的にちょっと余裕があれば、
「どうせ月額たいした額じゃないんでしょ」と思って
「よきにはからえ」って感じで契約してしまって、
何年も払わされるのだ。

だいたい、「今契約しないと損する!」というのも脅迫めいている。

PCデポに限らず、各社に明朗会計を求めます。

非明朗会計契約拒否運動。


しかし視点を変えよう。

今回問題になったPCデポの一件は、
高齢者にサポートを含む高額の契約を結ばさせ、
解約に何十万もかかることが指摘された。

高齢者は、基本的にさみしいのだ。
手とり足とりサポートしてくれれば、
ふだん無視され続けている高齢者にはありがたい。
そこにつけ込むビジネスが少なからずあることが明らかになったと言えるだろう。

私が過去に受けたセールスにしても。
非モテ女子大生に対して「若い男性が街中で声をかける」ことにより、
当時の私たちのヒマと寂しさにつけ込んでいる。

「ヒマと寂しさ解消ビジネス」なのである。

「つながりビジネス」と言ってもいい。

経済的なつながりがないと、なんのつながりも残らない、という人もいる。

お金抜きの関係が希薄って、

さみしーな。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://grownant.blog121.fc2.com/tb.php/624-b7ae89f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。