こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
黒田


12球団全てのファンクラブに入った配偶者。
もちろん広島カープのファンクラブにも入りました。

私は3歳の頃まで広島に住んでいたので、
今でもカープファン。

祖父母の家はまだ、広島県庄原市にあります。
今は誰も住んでいないけど。

夏休みや冬休み、そこに家族で帰省すると、
カープ坊やの子供用マクラが二つ用意されていて、
兄と二人、愛用していた。

私は、スポーツは苦手で、
野球が好き、とかって思いはあんまりなかったけど、
配偶者のせいで多少は見るようになった。
ルールはだいたい分かっていたんだけど、
「エンタイトルツーベース」とか、「ボーク」とかってのは最近知った。

そして、ノリに乗った「カープ女子」ブーム。

おそらく、カープ女子は、
渋い男性が好みなんじゃないかなあ?
男気あふるる、昔気質な。
筋の一本通ったイイオトコ。

そこへきて、
あのニューヨークヤンキースのローテーションの一人である
黒田のカープ復帰である。

パドレスから年俸23億円ほどのオファーがあったと噂されるが、
それを蹴って、年俸4億円で広島カープに復帰する。

カープファンはみんな、泣かされた。

カープファンで良かったと思える、素敵な出来事だった。

記者会見は、「不安しかない」といった、
謙虚すぎるほどのものだったけど、
それも含めて、黒田らしい。
自信たっぷりであっても、カープという球団に似合わないかもしれないな。

私は、ひそかに、アメリカに対して、ざまあみろ、と思っている。

メジャーに渡り、努力を重ねてローテーション入りした黒田が、
アメリカに見切りをつけ、
古巣カープに戻ることは、特別なのだ。

なにしろ、「ヒロシマ」カープなのだから。
1945年の8月6日に、
原爆という人間の大罪を犯したアメリカに、
後ろ足で砂をかけたように思ってしまう。

まあ、そんなきなくさいことは思わないほうがいいんだけど、
黒田がもし引退して、
広島からアメリカに渡ったとき、
そしてもどるときの気持ちに、
なにか社会的なものがあったとしたら、
是非話を聞いてみたい。

日本全体が「きなくさく」なってきている今日この頃。

100年は草も生えないと言われた広島。
70年経って、暑苦しい年になりそうだ。

※写真は昨年配偶者がニューヨークで撮影したもの。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://grownant.blog121.fc2.com/tb.php/557-06ca5829

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。