こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みあげる

近所のスーパーに、とても明るい、気のいいおばちゃんがいる。

顔のパーツがそれぞれに大きくて、はっきりとした顔立ちをしている。

とても笑顔がチャーミングで、いつも元気にさせられる。


この間、彼女のいる店に行ったとき、

「あら遅いじゃない?どうしたの?」

「いやあ、そろそろ働こうかと思ってさぁ」

なんて話がつい膨らんだ。

名前を呼び合うわけではないけれど、
毎日のように顔を合わせているうちに、
いろんな話をするようになっていた。

「あらっ、顔が違う!…そろそろできたんじゃないの!?」

などといわれ、ちょっと面食らったものの、嫌な気分にはならなかった。

「それはないよ〜」

「だいじょうぶよ〜!
ウチの妹なんて、10年できなくて、
たった一回ホルモン注射したらできたんだから〜」

いや、生物学的には多分出来るんだけど、こちらもいろいろね…

とか思いつつ、

「(子供)何人産んだの?」と聞いてみた。

「私は産めなかったのよ〜。妊娠してもすぐ流産しちゃう。
最後は子宮外妊娠で、お腹まで切って、離婚!」

そんな、文字にするのも辛いような体験を、
高らかに笑いながら話す彼女に、仰天させられた。

不幸は数値で測れないし、順位をつけるべきことでもないと思う。

いつも笑顔で、楽しい世間話をしてくれる彼女に救われた人は私だけではない。

深い悲しみの底にいたはずの彼女を、
あんな明るいお日様のように突き動かしたものは何なんだろう。

どうなろうと、人間は結局孤独なのだ。

それを明るく生きるか、泣いて過ごすか、どちらがいいかは明らかだ。

「だいじょぶだいじょぶ!いいことあるよっ!」

帰り際に声をかけてくれた彼女を見て、ありがとう、って思った。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://grownant.blog121.fc2.com/tb.php/556-581353c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。