こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ツツジ


燃え盛るようなツツジが南国のようだった。

布団を干して、シーツを洗って、
お日様のにおいのなかのお昼寝。

日暮れ前には土手でキャッチボール。

夕食後には本屋まで散歩して、
世間一般とはずらす予定の旅行について話す。

母の遺品の手帳の、5月3日のところに、「命日。心穏やかな一日にしたい」と書いてあった。

こどもの日を間近に、こんないい季節に、何も知らない2歳の男の子が、足の立つような浅い池で溺れて、亡くなる。
母も父も、監督責任を感じなかった日は、ないと思う。
私や兄に対する心配性は、やはり異常なほどだった。

今の私より若い、まだ幼さの残る母は、ふっきるように東京に出てきた。
そしてゆっくりと彼の死を受け入れたのだろう。父にしても。

心穏やかな一日が過ごせて、
あちらの人々は、安心してくれているかな。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://grownant.blog121.fc2.com/tb.php/490-75ad90c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。