こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
imgres.jpg



けっこう政治的な意見もツイートしていたりして。

私は自分では、「政治・宗教・野球の話はご法度」という
日本的な「コトナカレ主義」は嫌いです。

それで社会学部にいた頃からずっと政治のことを見てきて、
一番思うのはやはりバランスということ。

右傾化しすぎて戦争になるのはやっぱりちがうと思う。
本来右というのは保守であって、その「守ろう」とする力が対外的に向かってしまって、過剰防衛状態になっているのが今の政権だろうと思う。

かといって、防衛はしなくては国を乗っ取られてしまう。
自衛隊がなかったら?米軍が駐屯していなかったら?
左派の人たちはガンジーのように無抵抗でいる気なのだろうか?
と思ったり。

外交面だけでなくて、人権や福祉でもそう。

保守派の人たちや、経済界の人たちは、
貧乏人は怠慢だ、生活保護費を貰っているヤツは甘えだ、
という考えむき出しの人もいる。
それは「弱者は弱者でしかいられない」社会を作り出してしまう。

いっぽう左派の人たちで、
「資本主義なんて!格差が生まれる!」と嫌っているけど、
自分だって資本主義社会に生きていて、資本主義社会でなかったら戦後の豊な暮らしはないわけである。
一番あべこべなのは中国共産主義。共産主義は平等な社会を求めているはずなのに、あんなに貧富の差があるのはおかしい。

そこで思うのはやっぱりバランスで、
戦争に向かわず、自国を愛し、福祉をバランスよく保つ。
経済は、お金持ちになりたい人も、最低限の収入でいい人も、仲良く暮らせる世の中。

だって民主主義だもの。
いろんな考えの折衷案をとるのが基本じゃないですか?
白黒はっきり右だ左だ、とは言えないけど、
私はバランスの良い政府を作りたい!
という人がどんどん出てくればいいな、と思ったりしている。

本来の社会主義ってそういう事じゃないのかな、と思う。
おかしいかな?


「コトナカレ主義」ではなくて、
事をよく相談して、意見を出しあって、
間をとる。
そういう社会をリードしてくれる人がほしい。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://grownant.blog121.fc2.com/tb.php/435-d0e28391

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。