こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
main_img-300x212.jpg

風立ちぬ


ゼロ戦を作った飛行機設計士の半生を描いた、超話題作。
少し前に見たのですが、少し文章をまとめてみました。



主人公、次郎は、パイロットになる夢を諦め、
「美しい飛行機が作りたい」と夢見る。
しかし、日本は戦時下にある。
お国のために戦闘機を設計しなければならない。

夢のなかで、あこがれの外国人飛行機設計士が、
人を乗せる、楽しむための飛行機を披露する。

しかし、それは時代にそぐわない。

自らの夢が人を傷つけ、殺人兵器となる。

死に向かう恋人の手を握りながら、
人を殺す兵器を設計する。

愛を込めて作った戦闘機は、無残な姿で眼前に横たわる。

この「破壊兵器への執着と平和を愛する葛藤」は、
宮崎駿という監督の葛藤そのものだな、と思った。

宮崎駿は、以前の作品でも、銃や戦闘機や戦車、
そして空想の大量破壊ロボットまで考え出し、
アニメの軸とも呼べる細かな「破壊の描写」を作り出している。

ナウシカの巨神兵がそのいい例だ。

特に男性には、銃や戦闘機、戦車などへの執着(愛とまで呼べる)が、
強いひとが多いと思う。

片方で国を愛する、平和を愛する、と言いながら、
相手の生命や、大切な人を奪う兵器を愛でる。
平和を叫ぶあまり暴力的な行動に出る。

矛盾しているが、それが実際にある。

大きなストレスを感じたとき、腹が立って仕方がない時、大切な人が危機にさらされたとき。
人は暴力の衝動を禁じえないことがあると思う。

暴力を止める暴力なんて、存在しない。

その爆発的なエネルギーを、何処か別の、建設的な行動に注がなければいけない。

それを私たちは、過去の戦争で学んだはずである。
しかし、憲法改正論議を含め、その記憶が薄らいでいるように思える。

オルタナティブとなる「建設的行動」を、早急に探さなければならない。

過去の過ちを二度と繰り返さないという、死者たちとの誓いを、守らなければならない。

新たな道に向かって「生きねば」ならない。

困難な時代を生き、死んでいった人々からの、
我々に課された課題を、思い起こさせる映画だった。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://grownant.blog121.fc2.com/tb.php/356-c98ab0dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。