こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

満月


「彼女を見ればわかること」という、オムニバス形式のアメリカ映画がある。

その中の一話。

トップキャリアウーマンの主人公は、
不倫関係にある男性との間に子どもができる。

そのことを相手に打ち明けるが、
「離婚はできない」ことを告げられ、
自分のキャリアも考え、堕胎を決意する。

病院で堕胎して、帰り道を歩きながら、

どうしようもない
寂しさ、悲しさ、悔しさ、憤り。
そういったものに苛まれながら、
一人むせび泣く。

私が悪いのか?
運が悪いのか?
仕事を選んだから?
道徳に反している?

おそらく彼女の年齢で、出産するとしたら、
最後のチャンスだっただろう。

その言いようのない感情が表現された演技に、私は釘付けにされた。

そのシーンが頭に残った。


今日は風が強かった。

突風に吹かれながら、一駅歩いて、すこし思ったんだ。

ああ、彼女はこんな気分だったのかな、って。

すこし、いやかなり状況は違うけど、

彼女と気持ちが重なる部分があるって。


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://grownant.blog121.fc2.com/tb.php/345-a574fa7a