こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

IMG_22715月


ブログを書き始めた頃は、
ほんとうに楽しくて仕方がなかった。

「今日はあれについて書こう」と考えながら、
口笛を吹くように、
あっというまに、
それまで辛くしかなかった仕事(当時は販売の立ち仕事だった)
の時間が過ぎていった。


書くことを生業とするのが夢だった。


でも、本当は、お金にする時点で、
書きたくないことも書かなければならないことも学んだ。

書きたいことを書いているだけじゃ、誰も読んでくれない。
もちろんお金にもならない。

ひどい仕事もやった。



「なんでもいいから書く仕事」というのとは、ちがう。と思った。


キュレーションサイトが存在したとき、
他のキュレーターの自己紹介文を読んで、笑ってしまった。
「中学、高校と読書感想文で最優秀賞を受賞」。

そうだねwだれかに褒めてもらいたかったんだねw

と、ひとしきり心の草を生やしてから、ふと思い出した。

「ライター希望募集」の派遣社員に応募したとき、
自己紹介欄に、「文学、文章論の授業はA評価でした」
と書いていた自分。
評価されたかった自分を思い出した。

自分を表現して評価されればそれは作家だ。
本当はみんな作家になりたいのだ。

でも、現実的に考えて、「ライター」という広いくくりで折り合いをつけている。

作家なんて、誰だってなれる。
こうやってwebに文章を載せているわたしは、
すでにwebライターであり、
作家でもある。

とうの昔にそんなことわかっていたのに、
ずいぶん余計な遠回りをしてしまった。

書くしかない。


書くことが好きなんて笑わせるな。

自分を知りたい、手段として書くだけなのに。
書くことで、外から自分を見たいのに。
人から評価されることで、自分の立ち位置を知りたいのに。

書くしかない。描くしかない。表すしかない。

自分をよく知るために。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村