こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMG_030420150505花


資本主義の番組を見ていて、

これからの主義思想はどうなるのかなあ。といつも思っているわけだけど、

けっきょく、変わるのを待っているかぎり、変わらないのである。

受け身である姿勢はね。

自分の内的なものを変えないと。

というのはよくわかるし、金があれば幸せとも限らないのもわかる。

でも、子供がいたから幸せとも限らない。

自分みたいな子供が生まれたら嫌だもの。


じゃあ、子供の成長があるわけでなし、何を楽しみに生きるか。

なんでもいいんですよ。

植物でも動物でも成長を見守ったり、

うまいもん食べるために稼いだり。


社会に疑義を提唱してやる!みたいな時もあったけど、

私なんか影響力はミジンコなので、周りにいる人を幸せにすることから始めないと。

友達にしても、「なんで遊んでくんないのさ!」じゃなくて、

なにか手伝えることはないか考える。


まあ、そんなかんじで。

あたらしい主義思想はまだ形作られていないけど、

排他的で利己的かつ傲慢な主義思想はいやだなあ。

円満で温厚かつ協力的な主義思想がいいね。
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_1375ベリー

ブログを拝見しているある統合失調症の高額収入ライターの方が、
営業妨害を受けたという。
ライターの彼女が精神障害者であることを、彼女のクライアントにメールで送りつけて、
ライターをやめさせるべきだ、という内容の営業妨害された、というもの。


障害者差別は存在する。

障害者が働く職場であれば、
障害者同士の差別やいじめもあると聞く。

障害は個性だと思えばいい、というけど、
なかなか割り切れないのが実情。
一概に「障害者」とカテゴリに分けるのも、
ほとんど医者の一存で変わると言っていい。

私なんかは、普段は割と普通に仕事できそうな感じと言われるが、
日々、データがぶっ飛んでいないかおどおどしている。

どうすればいいか考えると、
まずはコンプレックスを持たないことかな、と思う。

少しずつ自信をつけて、
これは経験済みだから大丈夫、を増やしていく。

あとは睡眠と服薬。

大地震が来たりして、薬がうまく調達できなくて、
避難所で騒いだりしたらどうしよう、
と、思うと心配である。

差別して欲しくないし、
普通の人と思って接せられると、ちょっと困るという、
ややっこしい人。

すっきりした考えとライフスタイル、できるかな。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_0978.jpg



矢野顕子さんの歌に、「ラーメン食べたい」というものがある。

これを、週に2度は歌っている。

つまり、週に2度はラーメンを食べたくなるか、作っているのである。

この歌、

歌詞がとっても良くて、

「男も辛いけど 女も辛いのよ
友達になれたらいいのに
くたびれる毎日 話がしたいから
思い切り大きな字の手紙 読んでね」

とか言われた日にゃあ。。。

状況として、女性が一人でラーメンをすすって、
いろいろ辛いことも寂しさもあるのに、
男性を恋しく思いつつ恨んでいる様子。

「今は一人で 一人で食べたい らーめん食べたい」

女の人が一人ラーメンというのは、勇気がいるものだ。
強がって一人で食べても、寂しいのである。
でも、強がりたい、一人で食べてやる!
という女性の根性の一曲。


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_1588ピクニック



フルタイムで働いていた頃に、
バッチリお弁当まで作っていたから、
それが当たり前になってしまって、

いまはすっかりのんびりしすぎだとよく言われる。

老後、家事を手伝う旦那さんと、
男子厨房に入らず、という男性といる。

うちは後者だな。

先日、「うちの奥さんは自分が起きた時に朝ごはん作りゃいいと思って、
俺が先に起きて腹空かせてんのに平気なんだよ」
と言っている壮年の男性の話を聞いた。

簡単なことである。

パンにバターでも塗って食べてなさい。

と思ったけど、口に出せなかった。

腹が減っても俺の仕事じゃないんだな。この人は。


40代の未婚の男女にアンケートをとったとき、
結婚すればよかったと悔いているのは圧倒的に男性の方が多いんだと。

それは、
秘書のいないボス=未婚男性
ボスのいない秘書=未婚女性

という構図で、ボスのいない秘書はのんびり気ままなのだ。

実家はわりと父も家事を手伝う家だったので、
よその家を見てびっくりしていたが、
まさか自分が「秘書」になるとは思わなかった。

新婚の皆さん。
結婚した時に、きちんと家事分担について話し合った方がいいですよ。

私はいまのところほぼ専業主婦ということと、
半年間留守にしていた借りがある。

主婦業をたまには感謝してもらいたいなあ。。。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_9168.jpg


今日も今日とて仕事はある。
仕事は無限にある。一つ終えればまた次の仕事。さるウルトラ著名人は、文章を書く仕事を「文学的雪かき」と言った。いくら雪かきをしても次の雪はいつか降る。なんなら雪かきなんかしないでおこうと言ったって、家の前を通るたびに雪に埋もれて助けを求める羽目になる。誰かが必ずやらなければならない仕事なのだ。好きな仕事かどうかは置いておいて。
雪国以外の人には伝わりにくいかもしれないので他の例を挙げれば、ジャガイモの皮むきにしても一緒。今日はカレーで仕方なくジャガイモをむいた。もう一生分のジャガイモをむいたようにも思うが、明日はポテトサラダが食べたくなるかもしれない。ジャーマンポテトでもいい。いつかはジャガイモを食べたくなるか便秘になって食べざるを得なくなるかどちらかだろう。夫がジャガイモをむいてくれるかどうかというのはまた別の問題。ジャガイモを剥くのは今の所私に一任されている。ジャガイモをむくことに関しては私は責任を持っている。家庭というごく小さな共同体の中で。
共同体の中には何パーセントか、数パーセントぐらい?うつ病で働けなくなったり、何度復帰しても病気してしまったり、障害を持ったりという「役に立たない人」がどうしても存在するらしい。
企業などで、その数パーセントをリストラしたとしても、また次の「役に立たない」数パーセントが現れるとか。それは無限に続くと言われている。「役に立たない」と言われながらも、なんらかの役に立っているのである。共同体の均衡を図るために。
だから、役に立たない人なんていないのだ。という安易な結末でよろしいだろうか。このブログを10年やってみて、なんだか何の役にも立たない感じだが、これも共同体の均衡を図るために必要なのかもしれないと思う今日この頃である。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_9172_20161006230445cd4.jpg



今日は友達のうちでおもてなしを受けました。

ベイビーも同席です。

社会保障が充実すれば、
受給者ばかりが良い医療を受け、
「働いたら負け」みたいな国になっちゃうのも…

いや、だからと言って、社会保障受けてたらパチンコ屋出入り禁止というのは…

なんてことを議論しました。


帰りに、保育園の話になって、
「待機児童って言うけどさ、待機老人っているのかな?」

という切実な疑問に気づき、ドスンと重くのしかかりました。

介護を必要としているけど、家族がみんな働いていて、施設に入りたいけど、
満杯、というケースもあると思うのです。

もちろん、経済的に施設に入れない人も出てくるでしょう。

「姥捨山」問題はもうすぐそこです。

政府は「家族」の支えが大事、と言いますが、

何年も会っていない家族の介護を強いられるのはちょっと…

と人ごとでなく思います。

外国人の介護ヘルパーがなしくずし的に許可されたようだし、

日本という国のあり方が問われますね。

小さな小さな子供の産毛を見ながら、彼女の将来を思いました。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_8152.jpg



「頑張ること」について書いた文章をどこかで読んだ。

頑張っているかどうかなんて、他人にはわからない。

潰れてしまった後で、

「頑張ってたんだね」なんて言っても、意味ない。

そういった文章。


たしかに、日本社会には「根性論」というものが存在する。


根性で乗り切ればなんとか切り抜ける、

甘えたやつはどうにもならない。

根性叩き直してやる!

みたいな。



甘えたやつはどうにもならないんですよ。

だったら、特別「頑張った」やつは「特別」だったとして、

インセンティブ、対価を与えればいいと思う。

甘えたやつにも「参加賞」は与えるべきだと思う。


参加賞にもそれなりの敬意を払わないと、やっていけません。

傍目には「参加してるだけ」に見えても、

「参加するだけ」で、多大な努力が費やされているかもしれない。

甘え続けていられるほど、馬鹿ばっかりじゃないと思うしね。

馬鹿は馬鹿なりにがんばってますよ。


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_7105.jpg


今日は天気も良く、

なんだか昼間眠くって、

よく昼寝した。


夜は窓を開けていたら、

虫が入ってきた音がして、

何かと思ったらてんとう虫だったので、

ちょっとホッとした。

そういう、なんでもない日。


昼寝って、ちょっとするとすごく気持ちがいい。

調子に乗って昼寝の二度寝したりすると、

夜寝られなくなるし、いろいろ良くないんだけど。

昼寝にもコツがあるね。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_1544.jpg



難しい言葉を使いたがる節がある。

血肉あるフィジカルな仮説を乗り越えて人は自分を相対化する。

みたいな。

知ったかぶり。

愚者の多弁というかね。

相手にわかりやすい言葉を使うのが大人なのにね。

この前も、

「ソファだって5年ぐらいで買い換えるのもいいんじゃないか?」と言われ、

「そうだね。大量消費社会としてはね」

とか言っている自分がいた。

なんでも社会問題に結びつけたがる、社会学部気質?

おかしな子。
変な人。
頭オカシイ。
狂ってる。
変わった子だよね~
ちょっとイッちゃってるから。
電波飛んでる。

がははと笑い話にすればいい。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_5401131204セット


ダイエットのせいなのか何なのか、

とにかく厭世観というか、

自分も世の中もとにかくいや!

という状態になる。

そんな時は、思い切って何かおいしーい物を食べてみると、

スーッと嫌なことが引いたりする。


この前は、夫とハンバーグを食べに行って、

なんだか自分が残念なおしゃれをしているかも…と気になるし、

隣の客は夫婦げんかしてるし、

いや〜な気分だったのが、

ハンバーグを一口、また一口と食べるうち、

「ん〜おいしい!もう嫌なこと忘れた」

となった。


のみにしてもそうだけど、

ガス抜きって大事です。

ストレスフルなダイエット、本当に意味あるのか?

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_1625.jpg


東京都にしても

国にしても

経済界にしても

責任逃れの体制が巧妙に作られているとしか思えない。

責任者はピラミッド式にボスに監督責任をなすりつけ、

責任者のトップが辞任して病気になるか自殺して終わり。

なぜそうなるかって考えると、

責任追及される立場になると、マスコミにいじめられるから。

「テキトーにやって、あとは上に任せればいいや〜」という

「責任の所在を不明確にする」体質が、

行政や企業に構造的に作られている。


私は、どうだろう?

あまり責任が重いと、体に悪いのはわかる。

でも、責任を背負うことで社会を担っているんだから、

何か指摘された時に

「誰々さんもやっているじゃないか」
「上の人がチェックしているはずだから私のせいじゃない」

という言い訳はやめよう。

これも「やりきり」ですな。

無理のないように、自己管理も含め、

やれるだけのことはやった結果を常に意識する。

記録・記憶することは大切かもしれない。



ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。