こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

黒田


12球団全てのファンクラブに入った配偶者。
もちろん広島カープのファンクラブにも入りました。

私は3歳の頃まで広島に住んでいたので、
今でもカープファン。

祖父母の家はまだ、広島県庄原市にあります。
今は誰も住んでいないけど。

夏休みや冬休み、そこに家族で帰省すると、
カープ坊やの子供用マクラが二つ用意されていて、
兄と二人、愛用していた。

私は、スポーツは苦手で、
野球が好き、とかって思いはあんまりなかったけど、
配偶者のせいで多少は見るようになった。
ルールはだいたい分かっていたんだけど、
「エンタイトルツーベース」とか、「ボーク」とかってのは最近知った。

そして、ノリに乗った「カープ女子」ブーム。

おそらく、カープ女子は、
渋い男性が好みなんじゃないかなあ?
男気あふるる、昔気質な。
筋の一本通ったイイオトコ。

そこへきて、
あのニューヨークヤンキースのローテーションの一人である
黒田のカープ復帰である。

パドレスから年俸23億円ほどのオファーがあったと噂されるが、
それを蹴って、年俸4億円で広島カープに復帰する。

カープファンはみんな、泣かされた。

カープファンで良かったと思える、素敵な出来事だった。

記者会見は、「不安しかない」といった、
謙虚すぎるほどのものだったけど、
それも含めて、黒田らしい。
自信たっぷりであっても、カープという球団に似合わないかもしれないな。

私は、ひそかに、アメリカに対して、ざまあみろ、と思っている。

メジャーに渡り、努力を重ねてローテーション入りした黒田が、
アメリカに見切りをつけ、
古巣カープに戻ることは、特別なのだ。

なにしろ、「ヒロシマ」カープなのだから。
1945年の8月6日に、
原爆という人間の大罪を犯したアメリカに、
後ろ足で砂をかけたように思ってしまう。

まあ、そんなきなくさいことは思わないほうがいいんだけど、
黒田がもし引退して、
広島からアメリカに渡ったとき、
そしてもどるときの気持ちに、
なにか社会的なものがあったとしたら、
是非話を聞いてみたい。

日本全体が「きなくさく」なってきている今日この頃。

100年は草も生えないと言われた広島。
70年経って、暑苦しい年になりそうだ。

※写真は昨年配偶者がニューヨークで撮影したもの。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
みあげる

近所のスーパーに、とても明るい、気のいいおばちゃんがいる。

顔のパーツがそれぞれに大きくて、はっきりとした顔立ちをしている。

とても笑顔がチャーミングで、いつも元気にさせられる。


この間、彼女のいる店に行ったとき、

「あら遅いじゃない?どうしたの?」

「いやあ、そろそろ働こうかと思ってさぁ」

なんて話がつい膨らんだ。

名前を呼び合うわけではないけれど、
毎日のように顔を合わせているうちに、
いろんな話をするようになっていた。

「あらっ、顔が違う!…そろそろできたんじゃないの!?」

などといわれ、ちょっと面食らったものの、嫌な気分にはならなかった。

「それはないよ〜」

「だいじょうぶよ〜!
ウチの妹なんて、10年できなくて、
たった一回ホルモン注射したらできたんだから〜」

いや、生物学的には多分出来るんだけど、こちらもいろいろね…

とか思いつつ、

「(子供)何人産んだの?」と聞いてみた。

「私は産めなかったのよ〜。妊娠してもすぐ流産しちゃう。
最後は子宮外妊娠で、お腹まで切って、離婚!」

そんな、文字にするのも辛いような体験を、
高らかに笑いながら話す彼女に、仰天させられた。

不幸は数値で測れないし、順位をつけるべきことでもないと思う。

いつも笑顔で、楽しい世間話をしてくれる彼女に救われた人は私だけではない。

深い悲しみの底にいたはずの彼女を、
あんな明るいお日様のように突き動かしたものは何なんだろう。

どうなろうと、人間は結局孤独なのだ。

それを明るく生きるか、泣いて過ごすか、どちらがいいかは明らかだ。

「だいじょぶだいじょぶ!いいことあるよっ!」

帰り際に声をかけてくれた彼女を見て、ありがとう、って思った。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
Evernote Camera Roll 20150204 222824

とても久しぶり。
こうして文章を書くこと。

まず。仕事のこと。

ビョーキだったという事実からかんがえると、
最低賃金のお仕事でも、できるだけ幸せ。

でも、過去の派遣の経験などを思い出したり、
クリエイティブなことに関わりたい、などと思うと、
どうしても、最低賃金はちょっと…という欲が出る。

それでうじうじ悩む。

あまりに単純労働的なところで、なおかつ近所で、となると、
周りの目も気になる。

気にし過ぎなのだ。

人間にはいろいろな時期があって、
サイテーな仕事を我慢してすることだってあるし、
他人から見たら「負け組」と思われる仕事だって、
その人にとっては天職かもしれない。

とにかく、はたらかないと。


いつだってそうだ。

私は、馬鹿のくせしてあたまがいいふりしてた。
「ルサンチマン」という言葉の意味だって最近知ったし、
ゴダールの映画なんて見たことがない。
そんな数々の「ふり」の果てに、
「震えるほどの喜び」があるとは思えない。


認めなきゃいけない。
私は馬鹿だってこと。
馬鹿っていう字は書ける。
その程度の馬鹿だ。

おしゃれでクリエイティブなふりをして、
実際はちっともおしゃれじゃない。
ただ、育った場所と住んでいる場所が
ネームバリューがある、というだけ。
ここに住んでいる人でも、
猟銃で若い奥さんを殺す人もいるし、
自分の子どもを公園に捨てる人もいる。
ひったくりにあってその衝撃で外傷性ショック死してしまうおばあちゃんもいるし、
齢80台でドロボーに入る人もいた。
都知事もいたし、
首相もいた。
ホームレスだっていた。
国民栄誉賞受賞者だっていた。

その共通点はなんだろう?


みんな
「日本国民」
だった。

外国人もいたけれど、
ひとつの共同体だった。

私は特別なんかじゃない。
共同体の一人でしかない。

それは、決して悪いことではない。

悪いことに思えたら、良くしていこうという努力をするだけだ。



I’m sorry. I really don’t have any idea regarding those “mysteries.” All I can give you is just a story. And you have the right to think, to suspect, and to imagine. No public answers. You will have to find your own theory. Try.
h.m.

正解はない、ということ。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村