こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

IMG_2010富士山

今日は二人にとって、
「お鍋の記念日」です。
「付き合い始めた日」なわけです。

その他にも、
入籍記念日と結婚記念日、
主人の誕生日、私の誕生日、
クリスマス、バレンタイン…。

上げればキリがないですね。

きちんとお祝いをしたり、
ご馳走を作ったり、
フランス料理を食べにに行ったりしている人たちもいるけれど、
ヨソはヨソ。ウチはウチ。

記念日だからといって、
特別なことをする必要もないのかな、
とやっと思い始めました。

「なんでもない日、おめでとう」という言葉があるけれど、
毎日が記念日なわけです。

記念日だから何かしようとせっつくのも、
格好悪いですもんね

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
ベリーiPhotoセピアふちあり

セピアにすれば、おしゃれに見える。

今は加工が簡単で、スマホでだってできてしまうけど、
昔は調色といって、薬品を使わなければできなかった。
昔の写真がセピア色なのは、化学反応の結果だとか。

フィルムとデジタル。
写真と画像。

「写真は、選択すること」と誰か有名なカメラマンが言っていた。
カメラを選んで、レンズを選んで、フィルムを選んで、感度を選んで、モチーフを選んで、構図を選んで、露出を選んで、絞りを選んで、シャッタースピードを選んで、印画紙を選んで…。

デジタルの出現で、大前提の選択が変わってきているけれど、
そこでどう選択するのか。

画像の大海に溺れずにいられるのだろうか。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
imge1c3b00fzikdzj_convert_20101010012517.jpeg


アンリと名のつく日本人女性は、最近増えてきましたが、
フランス人男性に多いですね。

アンリ・ルソー、アンリ・マティス、アンリ・ファーブル、アンリ・デュナン・・・。

浪人の頃、アンリ・シャルパンティエというケーキ屋がバイト募集していたので、面接受けましたが、不採用でした。

フランス人の場合、表記はHenriですが、
Anriというローマ字表記にしてみると、
今度はドイツの木工工房にそういう名のところがあるそうです。

アンリという名のアーティストは、
やっぱり特別な思い入れがあって、
アンリカルチェブレッソンという歴史的写真家も、
私に大きな影響を与えました。
画家ではアンリ・ルソーは特に好きです。
一番は、「戦争」という絵を見たときに、大変心打つものがありました。
「楽園のカンヴァス」という小説を読んで、
ルソーへのあこがれが再燃しつつあります。

この名前と付き合ってもう34年。
結婚して苗字が変わったから、
字画が変わって大吉になりました。



戦争




ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
遊具


私も主人も、接客業が長かったので、
自分が接客されるときは、
店員さんの気持ちがわかる分、厳しい目線で見てしまいます。

ちょっと厳しめの私たちですが、なぜか、
あってはならないミスをされることが多いのです。

先日はちょっと高価な服を買って、
お預かりしておいてもらったら、
他の人のものと渡し間違いされてしまったし。
雨の日で、雨カバーがかかっていたので、
確認せず取り違えたのでしょう。

そして昨日は、
家電を注文して、代金も払ったのに、
10日経っても入荷の連絡もなにもないので、
電話してみたら、
「発注してない」!!!

これには私もさすがに頭に来て、
ちょっと責任者風の人に苦言を呈してしまいました。

でも、自分もダメな店員だったほうなので、
逆にその電話の後、嫌な気持ちになりました。
電話に出た人が悪いわけじゃないのにな、とか。

その後昼寝してたら、凄く嫌な夢を見てしまった。
気分が悪かったのでしょう。

職場で、数々の「クレーマー」と呼ばれる人たちを見てきました。

返品不可をあらかじめ告知しているものを、どうしても返品したがる人。
ありえないお釣りの渡し間違いを指摘して、引き下がらない人。
ただただ、欲求不満なのか、いちゃもんをつけてくる人。

過去一番感じの悪いお客さんは、
白人男性で、セールのワイングラスを買って、
箱がないことにキレて、
代わりの箱を用意しても気に食わなかったのか、
もう何をしてもダメ。
こちらのボスも最終的には態度を冷たくしてしまったら、
「精神薄弱じゃないの?」と、
それまで英語を使っていた外国人が使うとは思えない日本語で罵倒してきました。

「お金を払っているから何を言ってもいい。
だって私はお客様で、神様なんだから」という姿勢は、
当たり前のようになっていますね。
正しいかもしれませんが、良いとは言えませんね。
もちろん、ミスや態度が悪いのはあってはならないことですが、
接客者も、クレーマーに怯えた接客しかできなくなります。


その姿勢が、教育や医療に発展して、
モンスターペイシェントや、モンスターペアレンツを産むのです。

カネを払う方も、もらう方も、接客する方も、される方も、
気分良いようにしていたいものです。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
治部煮


「治部煮つくってよ」
「は?ジムニー?ジムニー乗りたいの?叔父さんがジープ乗ってるから、それじゃダメ?」

と思ったほど、「治部煮」というものの存在を知らなかった。

金沢の郷土料理だそうですね。
主人のルーツは金沢なので、時々食べたくなるそうです。

クックパッドに頼って作ったら、結構美味しかった。
クックパッドの中のいろんなレシピを「イイトコどり」した特別レシピです。

鶏肉(本来は鴨肉のようですが)に片栗粉をまぶしたものと、根菜やネギなどを一緒にだし汁と酒と醤油とみりんなどと一緒に煮るのです。
鶏肉にまぶした片栗粉がとろみを出して、あんかけのようになります。

深夜帰宅した主人に出したところ、
「治部煮はこんなに具がたくさん入っていない」
とか文句を言っていましたが、
わりとさっさと食べたので味付けは成功の模様。
結構カンタンで美味しいので、またつくろうっと。


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
Evernote Camera Roll 20131125 110440


本のハナシ。

主人は自他ともに認める活字中毒者。
最近はiPadでネット記事やスレッドを追っていることが多いですが、
それでも気になったビジネス書なんかはよく購入しているようです。

私は「趣味は?」と聞かれれば「読書です」と応えたいタイプ。
主に純文学と社会科学系の本が好きです。

以前、文庫の栞に、「本読みあるある」として、
「本をよく読むと自称する人はメールの文章が長い」とあって、
ううむ、当たってるな、とうならされました。
メールどころかツイッターも140字ギリギリまで書いてます。。。

そんなふたりが結婚したらどうなるか。
部屋は本であふれるのです。

二人暮らしにしては広いほうだから、ひどいというほどのことはないけれど、
こち亀全巻大人買いしてみたり、
ビジネス週刊誌を2誌、定期購読したりしているので、
こ、これは、このままではマズイ。。。という状況。

そんな時に現れたのが、kindleくんです。

ビジネス書とかって、読み返すとしても、
書籍として残しておきたいってほどの思い入れもないし、
電子書籍で十分なのです。

私は主に小説を読むので、手元に残しておきたい気持ちはありますが、
外出したときに文庫本が荷物になるのです。

私と主人が一台づつ買った「kindle paper white」は、
iPadなんかとは違う画面の出力方式らしく、
ほとんど目が疲れない。
かと言って、暗いところで読むときはバックライトがあるので、
電気をつけずに読める。
文庫本と比べてみても、一番薄いものと変わらないくらいの重さ。

これを導入しても、実物の書籍は増えてはいるのですが、
購入時の気楽さをとってもオススメ。

あとは青空文庫が読めるし。
言わずと知れた著作権フリーの電子書籍です。
漱石鴎外芥川といった、おさえておきたいところが
タダで読める幸せ。

端末自体はタブレットほどは高くないので、プレゼントにもいいと思います。

写真は我が家の「図書室」。
読み返すことは、あんまりないんですけどねぇ。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
カメオ

私の身体は、深酒した日は3時間しか眠れない構造になっているようだ。

かと言って酒が残っているのでランニングにもいけない。

乾き物しか食べていないから、激しい空腹を感じて、
ピザトーストを作って食べた。

深夜4時台からコーヒーミルの爆音を立てるのはさすがに気が引けて、
5時になるのを待って、カーディガンでミルをくるんで豆を挽く。

朝一番のコーヒーは、即席の洋風仏壇に供える。

祖母も母も、アクセサリーが好きな人達だった。

おかげで私は、ほとんどアクセサリーを買わずに、
遺品を身につけるばかり。


今日のコーヒーはミルクをたっぷり入れたい気分。
二日酔いに沁みるコーヒーは、なるべく優しい味がいい。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
昨日はいいお天気でした。

私はカメラを二台持って、
紅葉(黄葉)を撮りに行きました。
ハッセルも持っていったので、どうなっているかたのしみ。
空が青い!
ハイキー黄葉

黄葉と紅葉。

赤と黄

並木道。
田園の黄葉-2

こんな壁画を発見。
写真-1

毎年同じような構図になってしまうので、色々考えています。

イチョウ


まだ緑の部分も多かったです。
今日からの週末、閑静な住宅街は、賑わうことでしょう。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
さてさて。
昨日は盛りだくさんの一日でした。

まずは、初台のオペラシティで、このような展示を見てまいりました。

150年

どんなものなのか、事前に予想がつかなかったけれど、
主に古い楽器や譜面などの資料の展示、古い音源がヘッドホンで聞くことができたり、という構成。
私はクラシックなどは嫌いではないけれどうといのですが、
いろいろな音源をヘッドホンで聞いていて、
なかで、オペラが思ったよりよかったです。
ちょっと色々とダウンロードしてみようかな、と思いました。

同行の友人は音楽には詳しいし、クラシックなどもよく聞くようなので、
楽しめた様子でした。
戦前のコンサートのチラシや、譜面の表紙が、レトロで可愛い物が多かったです。
中には竹久夢二のものもありました。

常設展は、抽象画が中心なので、友人は?な様子でしたが、
私は結構好きな絵もありました。
日本人画家がほとんどなのですね。

ここのアートギャラリーは初めて行ったのですが、
とても広くて落ち着ける空間。
なによりとっても空いているときに行ったので、
ビデオが流れているソファのところで、
船を漕いでいるおじさんがいたりして、
気持ちは分かるよ、と思いました。
たしかに眠くなるわ〜


オペラシティのアイリッシュパブで軽く飲んで、
しっかりボージョレも飲みました。若い!


そこから新宿に出て、てくてく歩いて新宿文化会館。

Tétéライブ

Tétéという人が、以前、フランス語学校でワンコインライブを行っていて、
すっかり魅了されてしまった私と友人は、
今回のライブに足を運んだのでした。

トリヨという同時公演のグループが、どのような人たちなのか殆ど知らないままだったのですが、
ちょっとレゲエっぽくてノレる曲調。
私たちの前列のフランス人女性団体さんたちは、
ほとんど踊ってました。

Tétéは、ちょっとしっとりと聞かせる曲もあったり、
マイク無しでアコギで客席周辺を歩いて歌ったりと、
ファンサービスが素晴らしい。

最後は、(ちょっとベタではあるのですが)「Oh,シャンゼリゼ」を
オールスタンディングで皆で歌いました。

スタンディングで手拍子の人もいるし、
しっとりと座って聞く人もいる。

お客さんの年齢層が若干高めなので、私と同行の友人としては、
「ほどよい」雰囲気でした。

帰りにキリンシティで結構飲んでしまって、
久しぶりに夜の新宿を満喫。

昔はここを毎日歩いていたんだよなあ、と思うと、シンジラレナイ。。。
今は歌舞伎町付近を夜歩くなんて、コワイ。。。

そんなこんなで、母の命日でもありましたが、おもいっきり楽しめたので、
母も喜んでくれるのではないでしょうか。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
命日
今日は母の命日。
ボージョレの季節。

寒くなりだす時期。
二週間植物状態の母につきあって、
病院に泊まりこんで、
いろんな家族の会話がかわされた。

直前まで元気で、ほぼ突然植物状態になった母は、
2002年のボージョレを飲むこともかなわず、
あっという間に亡くなった。

告別式やら葬儀やら、
親戚縁者集まって、
おいおい泣いたり、
わさわさ騒いだりしているところに、
ボージョレが半ダース届いた。

母が予約していたのだ。

私たちは、この「天国からの贈り物」で、
献杯した。
もう二度と飲めない、思い出の美酒。

ワインとジャズとフランス映画を愛する、
おしゃれな人だった。

今日はこれから、フランス人のポップアーティストのコンサートに行く。
偶然今日になったけど、
母が好きそうなジャンルの曲。

楽しんでくるけぇね。


命日仏壇

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
代官山

代官山で買ったくつ。

明日は何を着ていこうか。
くつはもう決まっている。

代官山で買ったくつ。

代官山を降りると、
おしゃれな人しかいなくて、びっくりするんだ。

一般的なスーツのサラリーマンすら少なくて、
男の人でもジャケットとパンツ姿。

団塊の世代と思しきオバチャンたちまで、
カジュアルでも味がある服を着ていて、
なんだかソフィスティケイトされている。

「こんな格好でよかっただろうか」
「毛玉は付いていないかな」

私はもはや、代官山不安神経症状態。

代官山蔦屋書店のスタバに
Mac Book Airを持ち込んで
なにか書こうかと思ったけど、それもやめてしまった。

家に一度戻って、普段着に着替えて、
近所のスーパーに行ったら、
とても落ち着いた気分になった。

明日は代官山で買ったくつを履いて、遊びにいく。

おしゃれじゃないはずがない。

だってそれは、代官山で買ったんだもの。


蔦屋書店

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
花野菜



カリフラワーのことを「花野菜」と言うそうです。

カリフラワーやブロッコリーが大好き。

それらと、インゲン、人参、しめじなどを合わせてレンジでチンして、
にんにくとオリーブオイル、塩コショウで炒めただけでもとても美味しい。

冬は生野菜を食べなくなるので、かわりに根菜や花野菜をたくさん食べます。

写真はじゃがいもとカリフラワーのクロックムッシュ。

イングリッシュマフィンにベーコン、
カリフラワーとじゃがいもを2分チンしたもの、
ピザ用チーズ、マヨネーズ、あらびきコショウをかけて、
オーブントースターで焼きました。

おいしぃ。。。

こういう状況なら内蔵フラッシュを使ってもいやらしい感じにならないですね。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
ハッセル



実は私、こんなモノを手に入れたんです。

彼の名は
ハッセルブラッド。

私のように写真歴が短いものが持ってよいものなのか。。。

ただ、デジタルでもスクエアに切り取るのは好きだったので、
手に入れられて、光栄です。

問題は、「お作法」と呼ばれる、操作手順を誤り、
無理にレンズ交換などすると、すぐ壊れて、
修理代○万円〜ということ。

それから、現像もフィルムもポラフィルムも、
めちゃくちゃ高いことです。
フィルムのマガジン?だって、
このあいだ中古屋さんで3万円。それでも安い方とか。

デジタルに慣れると、なかなか不自由に思えますが、
それもまた味でしょうなあ。

やはり、ホログラムのように浮き上がって見えるファインダーは、
撮影者にとって大のお気に入り。

フィルムも買ったし、ちょっと撮影散歩に行かねば〜

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
夕暮れ131115


金曜日の夕方は、
こんな空が見られた。

富士山に雲がかかっているけど、
雨が降っていたのだろうか。

その左、おそらく日が沈んだところは、
「太陽の後光」がはっきりと見える。

茜空は素敵。
太陽への畏怖をも抱きながら。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
フレンチ


本日は、子供の頃からお世話になっている、
年上女性とフレンチランチ。

広告関係のお仕事で、
いつもとてもお元気で、
知識も深く、
素敵だなあ、と尊敬しています。

カジュアルフレンチのお店ですが、
味もサービスもとても好きです。
ボリュームに関しても、
「ちまちま」という感じではないので、お気に入り。

また今度、一人ででも行ってしまおうかなあ、なんて。
贅沢ですかね。。。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
フレンチトースト




最近、料理を作ったら、ほめられることが増えました。

というのも、
logo_header_158.png


の有料会員になったからなんです。

べつにお金を貰って宣伝するわけではないのですが、
この有料会員システムに、もっと早く加入しておけばよかったと思っています。

月額約300円なのに、けちっていた私がばかみたい。

むかし、ガラケー時代に、
待ち受け画面や着メロのダウンロードサイトに登録したはいいものの、
ほとんど使わないままにズルズル引き落とされ、
結果月二千円ぐらい損していたことがありまして。

それで、「月額引き落とし」タイプには臆病になっていたのでございます。

しかし、このクックパッド、
有料会員になった途端、良いレシピがガンガンみられるんです。
逆を言っちゃえば、無料でみられるレシピがレベル低すぎるんですが。

「つくれぽ」という、レシピを見て作りました!という人がアップしている写真が、
最低でも10件ぐらいないと信用ならないのです。

だって、前に、材料がすべて「適宜」のレシピとかもありましたよ。

有料会員なら、「つくれぽ100件以上」とかで検索できるし、
保存したレシピを整理したりできます。


写真のフレンチトーストも、クックパッドを見て作りました。

なぜクックパッドがいいかというと、
ウチにあるレシピ本が、だいたい4人ぶんで書かれている場合が多いんです。
半分に割ればいいんですが、
それもなかなか難しいのです。
例えば4人分で卵一個しか使わないときとか、半分余るし。
クックパッドでは、2人分で書かれている場合も多いし、
なにしろレシピ数が多いので、

こっちのレシピのこの材料を、こっちのレシピのコレと置き換えて…

なんてことも可能。

鶏団子鍋やコロッケやグラタン、ポトフ、ピラフ、といった、定番過ぎるようなものも、
いままで失敗傾向だったのですが、すべて美味しく出来ました。

今日は春巻きの予定。
旦那様にほめられるように、日々精進いたします。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
ユザワヤ

ユザワヤさんが好きです。

都内?多店舗ありますが、
ウチからだと蒲田店が近いです。

あまりの品揃えに、本屋に行ったときと同じ現象が起きます。

つまり。。。トイレに行きたくなる。。。

よく、本屋に行くとトイレに行きたくなる、と言いませんか?
キタナイ話ですみませんが。

私はその現象が、本屋でも、ユザワヤでも、ハンズでも、ロフトでも、
富澤商店やクオカといった食材豊富なお店でも起きるので、
ちょっと困りもの。

やはり、「うわー楽しい!何作ろ?何読む?」といった興奮状態になると、
トイレに行きたくなるようです。

さて。ユザワヤさんのハナシ。

蒲田店は本店ですが、縮小傾向にあって、ちょっとさみしい。

私が好きなのは文具コーナー。
ピンキングばさみの進化系のようなハサミを発見して、
自分の作品をプリントしたポストカードに高級感を与えてみました。

紙なんかも各種取り揃っていて、
写真撮影のバックなどにも使用しています。

しかし、ちょっと人員削減し過ぎ、と思ってしまいます。
平日ならば良いのですが、
以前、ハガキを持ってきた人に割引のセール期間の土曜日に行ったら、
レジが。。。。10メートルぐらいは並んでいましたよ。。。

あと毛糸なんかは、どっちにしろ欲しい物が揃わないことが多いので、
ネット通販がいいかな。

今日は毛糸玉を三つと編み棒、
ポストカードサイズの画用紙を買いました。

ポストカードサイズの画用紙は、
写真をプリントすると、絵を描いたみたいに見えるので、
気に入ってよく使います。

さあ、編んだり撮ったり描いたり書いたり作ったり…

クリエイティビティ無限大!


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
寄せ植え全景


ベランダ・ガーデニングという言葉が、
本当に存在するのか知りませんが、
とにかくベランダに植物をおいて楽しんでいます。

寄せ植えは何度もしているのですが、
すぐ枯らしてしまうので、よく勉強しなければ。

昔は忙しくて、水不足で枯らしていましたが、
今は余裕がありすぎて、水のやり過ぎで枯らしてしまう。

指を土中1cmぐらいつっこんで、
指先にドロっぽいものがないか確認して、
乾いていたら水をやる。
そうしていたら、
水のやり過ぎは回避できるようになったようです。


ミニバラ

IMG_4864.jpg

コケモモ

IMG_4868.jpg

クランベリー(蔓コケモモ)

IMG_4870.jpg



大きく育って、コケモモジャムやジュースができたらうれしいな。


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村

IMG_1419.jpg



本日は、かねてより楽しみにしていた、
スヌーピー展(六本木ヒルズ森美術館)に行って参りました。

まずは、いきなり腹ごしらえ。

つるとんたんへ。

以前話題になって、一年前ぐらいにも行きました。
久しぶりに行ったけど、美味しかった。
雰囲気がおしゃれだよね。


それからヒルズまで歩いて、
案の定、迷いながらも森アーツへ。

ここは何度来ても迷うような作りになっている。
健常者にしか重きを置いていない気がして、そこはどうかと思う。

さて。スヌーピー展。

家に帰ってから見たんだけど、
渡された小さな冊子に、
谷川俊太郎氏の詩が書いてあり、
ピーナッツは「小さなアメリカ」とあった。
なるほど。
私たちの憧れる、等身大のアメリカがそこにある。

漫画の原画を中心とした展示で、
「読ませる」感じ。
なつかしいピーナッツの登場人物たちをおさらい。

ライナスが好きだな。

ウチの兄は、
私が物心ついたときには「安心毛布」を持ち歩いていて、
その毛布に「ふーちゃ」と名付けていた。

先日、広島に一緒に行ったとき、
彼の車で行ったので、
「ふーちゃ」持参だった。

ライナスを見るたび、兄を思い出す。




展示の最後にあった人形は、
子どもが触って遊べれば最高なんだけど。


IMG_1418.jpg





さて。

今回のメインは、「誕生日プレゼントを受け取る」ことです。

今回同行の友人が、
私の誕生日に、
この展示会のチケットと、限定フィギュアの引換券を、
ポストに入れてくれたのです。

そのフィギュアたち。
オールドパターンでかわゆい♡



IMG_1420.jpg



PEANUTSで一番気に入った話は、これ。



IMG_1422.jpg



昔飼っていた犬はビーグルだったのですが、
よく、耳で鼻をかむまねをしました。

父親が帰って来ると、狂犬的に喜ぶ姿とか。
思い出しますなあ。

ショップで買い物した帰りにスタバに寄って、大満足です。

楽しい一日をプレゼントしてくれた、友人に感謝。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
柿


秋、ですねぇ。

ワタクシは、この秋、

買い物に勤しんでみたり、
写真をとってみたり、
ベランダ・ガーデニングをしてみたり、
お菓子や料理を作ってみたり、
編み物をしてみたり、
このようにデッサンをおさらいしてみたりしています。

編み物は、帽子をもう二つも編んでしまいました。

そろそろ大物にチャレンジしたいところ。



耳まで帽
耳まで暖かい帽子

ネコミミ帽
ネコミミ(ツノ?)帽

気候がちょうどいいと、とても調子が良いです。

昨日からこたつを出したので、
うたた寝中毒にならないか心配。

さあ、もうそろそろ冬ですよ!

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村


優勝しましたね。
東北楽天ゴールデンイーグルス。

主人はマニアと呼べるほど野球ファンで、
最近はMLBにばかり傾倒していたのですが、
新婚時代はよく西武ドームに行ったり、
新婚旅行でヤフースタジアムに行ったり、
年間10試合弱見ていたのではないでしょうか。

私も鉄平や山崎が活躍していた頃はよく見ていました。
鉄平、ちょっと雰囲気が奥田民生っぽくて好きだった。今はファームかな?

そんな楽天がななんと今年は日本シリーズ。
広島出身の私的にはカープのCS出場も胸熱でしたが。

がぜん楽天ファン熱が上がった主人は、
二日分の日本シリーズ東京ドームのチケットをとり、
第3戦は友人と、第4戦は私と観戦したのです。

今回、初めて球場に300mmのカメラを持って行きました。
二階席で、かなり距離があったのですが、
結構大きく写りました。
もう少し近い席だったら、顏のアップも撮れるかも。

初回。1ヒット3点という異常なスコア。ホールトンに感謝。
ちょうどホームベースの真上の席でした。

IMG_4765.jpg
こんな感じで写りました。
本当は、ISO感度を最高(私のカメラだと6400)まで上げて、
シャッタースピードを1000分の1ぐらいにしなきゃだめだそうです。
シャッタースピードちょっと遅く、結構ぶれてしまっていました。
それから連写して、とにかく撮りまくる。
次回以降がんばろうっと。

IMG_4764.jpg

巨人の点が入ると、タオルをまわす群衆。ちょっとコワイ。。。

IMG_4770.jpg


IMG_4773.jpg
折れたバットを拾うお姉さんと審判。

IMG_4783.jpg


昨日の第七戦は、主人の友人が我が家にいらして、
飲み食いしながら3人でTV観戦。

マー君を最後使うべきではない、というのが彼らの意見でしたが、
マー君が出てきたことで一般の人々は盛り上がったのではないでしょうか。
巨人の先発杉内が、もっと調子が良かったら、結果は変わっていたかもしれませんね。


見に行った第4戦は負けてしまいましたが、球場の雰囲気も楽しめたし、
また行きたいものです。

2年半前シアトルで見たマリナーズ戦は、
鳴りものの応援がないところが日本プロ野球と全く違いました。

プロ野球は、外野応援席で見ると、立って歌ったり大声で応援するので、
とても楽しいです。

東北の底力、やっと見せられて、復興もすすむといいですね。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村