こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
屋上ビア

先週は、

こんなシュールリアリティーの中、

屋上ビアガーデンなどをして、

遊びほうけてばかりいました。


そうして、今週は、一度もお弁当を作らないまま過ぎていこうとしています。

体調が悪いのです。

今日は採血と注射を受けました。


働き続けて一年目、初めての欠勤です。

そういうこともあるよ。


なんちゃって、もうすっかりなおったのですが。


さて、

ブログ開始二周年、

アクセス数4000突破記念、

そして「け(WまたはM)」を記念して、

今年も広島に行くことになりました。

9月のなかばです。


その前に、明後日、8月23日は、いわゆる一つの、その、、、

「両家顔合わせ」があったりします。

もう、フレンチも予約したし、服も買ったし、万全、、、

なところで、体調不良。。。。


まま、何とかなるでしょう。。。


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
ピースのおもひで
今日は終戦記念日。

15年前、我が家にピース君がやってきた日です。

ピース君は、ビーグル犬。

ソクラテス、と呼ばれるほど、哲学的な顔をした犬でした。


終戦記念日にやってきたので、この名前にしたのだけれど、

我が家にとって、「平和」という言葉は重みがあります。


終戦の追悼式のニュースを見ていて、

次に広島厳島神社の水中花火大会のニュースになって、

被爆者である、おばあちゃんを思い出しました。


花火が嫌いだったな、とか。

雷が来ると布団をかぶっておびえていたな、とか。


戦争について、人によっていろいろな意見があってしょうがないと思います。


でも、私一個人としては、もうこれ以上悲しいことは起きてほしくないです。

自分の大切な人や、まだ見ぬ子供が、いつか徴兵されたら、やっぱり嫌です。


その気持ちを大切にして、きちんと選挙に行きます。


村上春樹、『海辺のカフカ』の一節です。

「いいかい、戦いを終わらせるための戦いというようなものはどこにもないんだよ」とカラスと呼ばれる少年は言う。「戦いは、戦い自体の中で成長して行く。それは暴力によって流された血をすすり、暴力によって傷ついた肉をかじって育って行くんだ。戦いというのは一種の完全生物なんだ。君はそのことを知らなくちゃならない」



ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
神々


World Happinessという野外ライブに行ってきました。

8月9日のことです。

写真家さんは遠く長崎で個展のクライマックスを迎えているところに。


出演者は、Yellow Magic Orchestra をはじめとして、

ちょっと懐かしいメンツあれこれ。

野外ライブなんて一度兄と地元広島のイベントを見たくらいなので、

人生二度目です。


まあ、出演者などのレポはマニアックな方々にお任せして。


暑かった。日焼け止めを塗ったくったけど、

背中が真っ赤。

なおかつ炎天下、入場ゲートの前で1時間近く並ばされ…

食べ物を買いにいった同行者は1時間以上戻ってこられず…


ちゃんとお弁当作れば良かったのよねんんんん。。。


とりあえずビールはそんなに並ばず買えたので、

5本ほど飲んだようです。


今回、出演者が懐かしいメンツなだけに、観客も同世代、

つまりはアラサーからそれ以上の方が多かったようです。

だからあんまり踊り狂っている人とかはいなくて。

そんなこと気にせず、ノリまくってうちわをバシバシたたき続ける私と同行者二名。

酔いと日焼けと発汗と筋肉痛と人酔いで、最終的にはぐったりでした。


ライブ終盤に、神々(YMO)が現れ、

アンコール後に花火。

放心してぐったり座っているところに、

震度4の地震。

いや、重なるもんだね。

むしろ神々の逆鱗に触れたのか?

そんな力を持っているのか。

音楽の神のお三方は。


まま、日焼けが背中だけで良かった、と、会社に行ってつくづく思いました。

ちなみに、sut君は音楽はあまり聴かないので、

お家でお留守番でした。

寂しそうにラーメンの残骸がキッチンに転がっていました。

ふふ。ありがたみを知れ。。。


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
gz_symbol_150px.jpg


明日は

朝8時からNHKを見て、

15分になったら黙祷することになるでしょう。


8月6日という日を、我が家の特別な日としていた。

それは家族がバラバラになっても、変わらない。

本当にバラバラな家族なんていない。

ただ、別の船を見つけて、勢い良く漕ぎ出しただけだ。

同じ海にいるんだから。



祖父母の運命が変わった日。

曾祖父が銀行の金庫に押しつぶされて死んだ日。


広島は今年も暑いんだろうな。




ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
とんかつ


トンカツを揚げた。

トンカツを揚げる時、思い出すのは母ではない。

むろん、中学のときに初めてアルバイトしたトンカツ屋の店主でもない。

思い出すのは、父だった。



父が写真を現像する姿を、

幼稚園の頃から、日常的に目にしていた。


赤い電気は現像に影響しない、ということを、幼稚園児は知っていた。

小ぜまい都内の古ぼけたアパート。

6畳の夫婦の寝室に、ダブルベッドと同じくらい存在感のある、引き延ばし機。

並べられた三つのバットに、

現像液、停止液、定着液、と順番に印画紙を浸す。

隣りのシャワーのついていない風呂で、水洗し、洗濯物干で写真を干す。


浮かび上がった写真の中には、きれいなモデルさんや、雑誌のインタビューを受ける著名人。

そして、数々の花嫁さんが、誇らしげに笑っていた。


写真家さん。

あなたの特別な被写体がお嫁に行く時、

あなたは、どんな気持ちでシャッターを押しますか?

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。