こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
412MWA2EPHL._AA240_.jpg
わたしは一日の仕事を終え、
いつものように業務日報を書きながら
同僚と明日の予定について話し、帰路についた。

アパートにつくと、帰りしなに買った出来合いの弁当を出来合いの電子レンジに入れて出来合いの夕食を食べる。

わたしはテレビをほとんど見ないので、部屋には静寂がひとり巣くっている。
ときおりダンプ・カーが通ると、アパートはぐらぐらと揺れた。

携帯電話はここのところアラーム音以外の音を発さない。

こうしてわたしの孤独で理想的な一日の終わりがやってきた。





春樹風文体でわたしの日常を描写するとこうなる。

もう5年ほど前になるだろうか。
都会で暮らす多くの人がそうなるように、
村上春樹に恋をした季節が、わたしにもあった。

この間図書館に本の返却に行ったとき、
まだ読んでいない春樹作品を目にして、焼けぼっくいに火がついてしまった。

手に取ったのは、『スプートニクの恋人』。
わたしの中の「春樹愛」が引っぱりだされて、収拾がつかなくなり、
かつてない集中力で読みふけってしまった。

春樹は、都会で暮らす若者の、言いようがなく、行き場のない孤独を、
ときにロマンティックに、ときにハードボイルドに、描き出してくれるのではないだろうか。

つまりは、実際にであれ内面的にであれ、一人であることを
寂しいと言うんじゃなくって、
クールであるように思わせてくれる。

だからよくわからない結末を、許せる気もする。


以前に春樹に恋をしていた頃、
バイト先にリーゼントとワークブーツでキメこんだおもちゃ屋さんがいた。

彼も春樹に恋をしていて、
わたしに、『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』をすすめてくれた。

彼はその本を、4回買ったと言っていた。
読み返しては人にプレゼントしていたという。

彼はその本に出てくる、
「ポケットの中で小銭を数える練習」を密かにやっていたことを
わたしに打ち明けた。


私が春樹作品の中で一番好きなのは、
『神の子供たちはみな踊る』という短編集の中の、
『アイロンのある風景』という作品だ。

寒い寒い2月の真夜中の海辺で、若い男女と一人のおっさんがたき火をする。
たき火をするためだけに、寒い寒い中をわざわざ家から出て行く。
その無駄な体力的消耗こそがロマンを生む。



もっと大人になっても、まだ春樹が好きだろうか。
幸せな家庭を築いても?

そんなことはどうでも良かった。

読書に身をあずけている自分が好きだった。
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
waltz.jpg


今日の晩ご飯は

ジャガイモを丸ごと一個と

プチトマトを10個くらい。

ペプシネックスを片手に。




最近食生活が荒れ模様。

コメを炊いていないし。


何となくヒマだったので、

中島みゆきの「わかれうた」をyou tube で見た。

暗い。

これじゃいかんと思うも、

次に見たのは、山崎まさよしの「one more time, one more chance」

別に誰かと別れたわけでもないのにね。


親友が、

「男と別れたら、やっぱり、酒とタバコと中島みゆきだよね」

と言っていたのを思い出した。


明るい歌よりも、

暗い歌の方が、

心にしみいる気がするのです。


シメに、Bill Evans の「waltz for Debby」を聞いたら、

とってもしっとりとして、でもうきうきするような、

素敵な夜になりました。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
anohito.jpg


今日は、大切な人をなくした日だ。

いつになったら、
忘れられるのだろうか。

忘れてもいいものなのだろうか。

今日ぐらい、
しんみりしたっていいじゃないか。



忘れなきゃやってられないと思う日と

忘れてしまってごめんね、と涙する日と、

行ったり来たりの日常だ。


きっとどんなに素敵な人と出会っても、

この人が私の心に占める割合は減らないのだろう。

でも、この人の声とか、しぐさとか、においとか、

やっぱりもう5年も経つと
思い出せなくなっている。

この5年で、いろいろ変わった。

私も、まわりも。

思い出したくもない、という人までいる。


お墓の前で泣いたりしないでください、と、あの人は言うかもしれない。

風になったのか星になったのか、それとも私の心に住んでいるのか、

実体だけがなくなってしまった。

あいたいと思ったら、鏡を見ればいい。

寂しいと思ったら、あの人がしてくれたように、
おいしい料理を作ればいい。


あの人がいなくなって、

私は永遠の迷子になってしまった気がしていた。

でも、迷子じゃなくて、

あの人が永遠に寄り添ってくれているんだと思うことにしたんだ。





ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
kumichan.jpg

今日はKちゃんが遊びにきました。

ビールを飲みながら、

たらこうどんを食べました。


ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
iichiko.jpg


私の城に、

ついにボトルキープされてしまいました。

下町のナポリタン。

じゃないナポレオン。

梅干しもストックされています。

一人では飲まないよ。

たぶんね。



先日友人が泊まりにきて、「いえのみ」しました。

この友人とは一緒に沖縄に行ったり、

九十九里でジェットバイクに乗ったり、

こう言うとわりとアクティブな感じがしますが、

この友人と会うときは酒とは切っても切れません。

深夜までやってるラーメン屋で踊ったり、

いろいろ思い出があるのです。


「いえのみ」の翌日はこの友人の家に行ったり、

「お風呂の王様」というゴーマンなネーミングのスーパー銭湯に行ったりして、

緊張感は0%に…

おかげで翌日の仕事はどうもうまく行きませんでした。




マッチ箱のような我がアパートに、

歯ブラシがたまりだした。

泊まっていく子が買って置いていったり、

ストック分をあげたやつを何となく捨てられず置いといている。

それを見ると、こころもち上々になる。

こんな我が家にも泊まってくれる子がいると思うと、なんとなくね。




お家賃を払って、電気、ガス、水道、ネット…

快適に暮らすために、日々精進です。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
tsunahachi.jpg

西武線で隣になった

小山のようにごつい男

全身から「てんぷらつな八」臭を放っていた。

ダンガリーシャツに

GパンGジャン。

恐るべしデニムマニア。



電車の中で、ヒマだと、どうしても人間観察してしまう。

エレベーターの中でもそうだ。

私の働いているビルは、ファッションビルというか、なので、

ヴィトンやティファニーのきらびやかなお姉様方、

GAPのイケメン、

歯が真っ黄色のエンジニア系、

本屋の人たちはたたずまいで、

ああ、○○堂のひとね、と分かる。

私の統計から行くと、

ヴィトンとコーチは喫煙率が高く、

ティファニーは低い。


人を外見で判断しては行けないけれど、

外見からの憶測はかなり良くあたる。

だからきっと、この小山つな八さんは、

どこかのてんぷら屋で働くデニムマニアなのだろう。

そんなことを考えながら、ぼーっとするのが好きです。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
klimt_der00.jpgグスタフ・クリムト「接吻」



芸術が好きだ。

映画、音楽、美術、アバンギャルドアート,etc...

私が好きな絵。

この絵を生で見たらしいのだ。親友が。

ウイーンで。

超うらやましい。

どこがいいかと申しますと、

この女性の至福の表情。ほんのりと赤くなった頬。

金箔で表現された二人だけの世界。

絡み合う男女のエロティックなポーズ。

男性が、女性を包み込む。

もう、とにかく好きなんですよ。

こんな接吻してやるぞ。いつか。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
ikea.jpgikea2.jpg
港北のイケアに行きました。

イケアは良かった。

ご自分でどうぞ。
その代わりにコストパフォーミングしますよ、というスタイル。

家の店とは大違いだ。

スタッフ数が圧倒的に少ないし。
アホみたいに広いし。

丁寧な店員さんがいていろいろやってくれるけど高い店と

セルフサービスだけど安い店。

やっぱ若い人は後者を選ぶよね。


インテリアをなんとかしなくては、という気持ちになった。

というのも、親友のうちに行ったら、

チリ一つ落ちていない。

無駄なものが出ていない。

ランチョンマットをひいて、

コースターをひいて、

ごはんを食べる。

それがきちんとできるってすごい。

インテリアショップの店員として、恥ずかしいよ。
おいらは。

そう思って帰ってから洗濯、掃除をした。

明日晴れたらシーツも洗おう。

私はジャニスジョプリン風ヒッピー願望と
北欧風インドア願望と
両方持ち合わせているので、
自分でも何がしたいのか分からなくなる。

ま、部屋がきれいにこしたことはないでしょう。

帰りたくなる家にしなさい、

と親友に諭された連休でした。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
komae


おとといは写真家さんのうちで
おいしいシチューをいただき、

昨日は親友のお父さんのうちで
おいしい水炊きをいただき。


早退しては放浪して、

今やっと帰宅したところです。


今は親友Cが車で我がアパートに来るのを待っているところ。

昨日はこの親友Cのお父さんのうちに泊まりました。

体調が悪いときに頼れる人がいるって、いいねえ。



親友のお父さんは

酒とタバコとクリスマスと犬をこよなく愛す大学教授です。



今日は出勤前にこの大学教授とかるーくお散歩しました。

23区を一歩出ると、とてもいい環境です。

最寄り駅までは歩くとツライ距離だが。。。


マイペースが一番だね、なんて言いながら。

マイペースは、世間と比べられるとつらいときがあります。

たとえば、このトシでフリーターとか。

いまだに親のスネかじってるとか。

かといって、世間のペースにあわせようと焦るのも行けない。

むずかしいところです。


ま、何ごとも「ほどほど」が一番なのではないでしょうか。

いつかチューレンポートンをツモるのを待って、
がんばるのです。

マニアックな比喩ですみません。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
nabe

ノンアルコールで鍋をしたり、

夢を売り物にした仮面巨大商業主義遊園地で

ビールばっかり飲んでたら、

体調を崩した。



もうすぐ1年になる職場での初欠勤。

必要以上にナイーブになった。

そういうときに電話したり、話を聞いてくれる人に
私は恵まれている。




一人になってみて、思ったのだが、
生活するということは、パソコンなどのカスタマイズに似ている。

ハードウエア(身体)の調子に合わせて、
いろんなソフトウエアをカスタマイズする。

家庭というソフトウェア。

仕事というソフトウェア。

高度なソフトウエアほど、カスタマイズ(調整、改造)はしやすいが、
そのぶん面倒なことが多い。細かな設定をして行かなければならない。
なれてしまえば楽なこともある。

簡単なソフトウエアを選べば、
入って行きやすいし、圧倒的にらくちんだが、
微調整がきかなくて、
悪ければがんじがらめになってしまう。


私は、ハードウエアの不調もあったし、
オペレーションシステムがおかしなことになったこともあった。

でも、いろんな人の力を借りて、なんとかやってきている。


まあ、結局、客観視できる自分と
見守ってくれる人をどこかにおいておかなきゃ
大変だよ、というようなことが言いたかったんです。


私の人生は、今、分岐点を少し越えたあたり。
まだまだ先は見えません。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。