FC2ブログ

こころざし

日々のつぶやきをしるしたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMG_2969.jpg


今更ながら「ラ・ラ・ランド」を見た。

おもろかったー。

「夢追い人に乾杯を」かあ。

うむ。

わたしにピッタリの映画だったなあ。

このベアを作った高校生当時、

確固たる夢があって、それに向かっていたら?

なんとなく美大に行きたかっただけの当時。

美大も夜間大学も全部だめになって病気のせいにしている現在。


病気とは「戦わない」ことが大事だとは言われるけど、

戦わない人生なんてあるだろうか?

果たしてその人生面白いの?

戦わずしてなにするの?


なにかに「あらがう」エネルギーを

なにかに向けられたらいいな。

なにものかになれたらいいな。

スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_2657.jpg



絵画展が近づいてきた。

絵画教室において、
私は「若手代表」なので、PCで作成するあれこれを任せられがちである。

でも、自分の負担になりそうなことはお断りした。
というか、察してくださった。

誰かと相談して決めるべきものや、
けっこう重要な書類なんかは、創るのがやっぱり怖い。

去年は年賀状もだしていないくらい。

Macが怖い。と思うときがよくある。
怖すぎてバージョンアップしないから、よけい怖い。
iPhoneも。

妄想が絡んでくるのもあるけど、
けっこうご年配の方も、機械怖い、って方、いません?
あっという間に「全データ消滅!」みたいになりそうで。

できることを少しずつ増やしていかなきゃならないのにな。

こんなんで仕事なんてできるんでしょうか。

派遣時代は、情報システム課があるから安心でした。
今は、夫のほうが詳しいけど、グラフィックのこととかはなかなかね。

Macの師匠なき今、こんな弊害が出てきています。
求む、Macの師匠!

※ブログは書けるしhtmlタグもちょっとわかるのに怖いの。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_3106グリーン



年をとるということは、
日々があっというまに過ぎていく、ということだ。
あんまり更新していなかったこのブログだが、
なんと10年以上続いているのである。

私も時を重ねて、
そばかすがひどく出ているし、
目も落ち窪んできた気がする。

ここのところ、またいろいろ考えていて、
落ち込みがちである。

そういうときは「にっ」と口角を上げると、
とたんにプラス思考になるというか、
「まあいいじゃん!」と思えるからすごい。
笑顔になるとドーパミンが出るということなのか。

私は、病気のときなんか極めて明るいく、
それが過ぎて躁病状態になるから、
薬で抑えられている。部分もある。

「午前中の光を浴びて、セロトニンをだしましょう!」とか
健康記事が高らかに掲げる中で、
抗セロトニン薬を飲んでいたりする。

そのせいにしてもしょうがねえや。

今日も元気で飯がうまい。

結婚記念日なので、夫がなにかゴハンを買ってきてくれるんじゃないかな。

9年に及ぶ結婚生活、お互いアラフォーとなり、これからどうなることやら。

うちらにはコブもないし、自由気ままにいくのかな。


沖縄にでも住みたいね、なんて話している、9年目の記念日です。



ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村

IMG_2915.jpg




人生道半ば。

がむしゃらな時期も過ぎて、安定に入っていくアラフォーなのかもしれませんが、
私はまだまだcomplicated problem を抱えています。

アグレッシブなあの頃に帰りたい。

広島カープのキャップをかぶって一人ラーメンを啜る過去の私を、
バカみたいと鼻で笑って高みの見物。
結婚してたら偉いのか?
むしろ私は結婚して阿呆になった。

別れたいとかではなくて、自力で生きていこう、
自分の確たる意見を持とうという気持ちが薄れてしまった。
のではないだろうか。

意見を持たず、ついていくだけ。責任の回避。政治家と一緒だ。

「万引き家族」という映画を少し前に見た。
たまらんほど響いた映画だった。

なかでも一番は、やはり安藤サクラの落涙シーン。
あれだけの重みのある涙を流す人は、涙のなかに、
様々に入り混じった深い思いが淀んでいる。
子供を持ちたかったのか、家族を持ちたかったのか。ただ寂しかったのか。
明確に答えることはできない。
結局は一人の人生をどうやって乗り切ろうか、
このままこんなことをしていていいのか、
そういう思いが悲しみになってすこしずつ溜まっていって井戸になる。
そしてあの瞬間、しょっぱいものがあふれる。
こうしていてももらい泣きというか思い出して落涙してしまうほど、
びしびし悲しみが滲みた。


図らずも「人と少し違う人生」を生きることになった私。

そんなことはどうでもいいのだ。

この道に説明書も保証書もないのだ。

自分で考えろ。






ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
IMG_2806もみの木画廊 (1)





たいへんご無沙汰してしまいました。

前回のエントリーが9月ですね。

まだ暑い秋から現在は真冬です。昨日も雪がちらほら。


ながーいことアウトプットしていませんでしたが、

まあ、ツイートやインスタで満足していたり、

一応写真ブログなので、写真から離れていたのです。ちょっとね。

大きな出来事としては、

晩秋にはグループ展がありました。

これがその作品。

親しい人にだけハガキを出して、見に来ていただきました。

そういうわけで、最近はデッサンなどにはまっています。

30号の比較的大きな絵も描いているところ。


それから、ちょっと高価なミシンも買いました。

ユザワヤたのすぅいー!

バッグなど作る予定。


年末年始はちょっとバタバタしましたが、

夫婦仲良く暮らしています。



それから、職業訓練所のようなところに通っています。

本も昔に比べればよく読むし、

なにかと多忙になってきました。

多忙な時期が一番危ないので、気をつけなければ。


外は真っ赤な太陽が燃えています。

わたしはいつ、何に燃えるんだろう?

だいたい、今はくすぶっているんだろうか。

火種はあるのだろうか?


研究が待たれます。

ランキングに参加しています。
↓クリックにご協力ください↓

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。